上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ジャンプのワールドカップ日程が終了し、男女のチームが揃って帰国しました。

オリンピックシーズンのW杯転戦は体力気力の負荷が大きいのだろうな。

今シーズンは高梨沙羅さんの注目度もあり、全てのW杯試合がBSで放送されました。
日本の女子ジャンプが始まったころは、男子の前に数人が飛んで終わりだったので、認知度が高くなって良かったと思います。

沙羅さんに注目が集まる中、同じく十代の伊藤有希さんが毎回調子を上げ、結果、今シーズン3位となりました。
沙羅さんが優勝することが当たり前のようになったのと、同じくらいに有希さんが一ケタ順位が当たり前になり、五輪後は表彰台に上ることが特段に増えました。
表彰式のとき、沙羅さんが国外選手に握手で迎えられるのに対し、有希さんとはハイタッチで挨拶する姿が微笑ましくて。

二人ともインタビューでは硬い表情で応答していますが、時折見せる笑顔は愛らしい、若さあふれる素敵な顔になります。

全日本スキー連盟のナショナルチームでは沙羅さんだけが特出して「特A」となっていますが、次シーズンは有希さんのランクもかなり上がると思います。
できれば、今シーズン途中でランクを上げても良かったのではないかと。規則上では無理なのかな。

----------

沙羅さんが帰国のインタビューで「ベッドで寝たい」と言ったことが一部報道で取り上げられていますが、実際には「自分のベッドで寝たい」という意味でした。
そうだよね。
何か月もの間、世界中を廻って自分の家に帰ったことが何回あったことか。
W杯と他の大会にも出ていたわけだし。

そしてその1シーズンの間、たった一度だけ、表彰台に登れなかったのがソチオリンピックでした。

後のW杯実況で解説された山田コーチが、競技終了後のやり取りを話していました。

「メダルが取れなくてごめんなさい」
「メダルを取らせてあげられなくてごめん」

胸が詰まりました。

----------

W杯史上、男女通じて最多勝を得た沙羅さん。
素晴らしい成長を見せた有希さん。
来シーズンの女子ジャンプが楽しみでなりません。

だって日本女子はW杯の「国別ランク優勝」を取ったのですから!!
スポンサーサイト
2014.03.25 / Top↑
ソチ五輪が終わりまして。
久しぶりに冬季五輪に熱中してて、ちょと気が抜けております。

メダルに関しては予想外のことが多くて、驚きの毎日でした。
スピードスケートやショートトラックがなんで勝てなくなってしまったのかな。
そのかわり、スノボとスキーのフリースタイルがとても強くなってて。

フィギュアスケートは長く人気があり、レベルの高い国ではあるんですが、何故にスケートリンクがこんなに減ってしまったのか。
さやま遊園や大阪球場がなくなり、今の家のすぐそばにあった上野芝グリーンボウルも3年ほど前に急に閉館。
アイスホッケーの選手が押し寄せていたのにもったいない。

初めて行ったスケート場、臨界スポーツセンターは高橋大輔くん等の活動が実って今でも現役。
町田くんの練習場でもあります。
できたばかりの40年前は、広々とした綺麗なリンクだった記憶があります。


アルペンスキーはメーカーが様変わりしてて驚きました。
ロシニョールがほとんど使われていないし、ノルディカがすごく増えていて。
調べてみたら記憶にあるスキーメーカーのいくつかが撤退やら倒産してました。
スキーブームの世代だから、寂しいことです。
京セラドームのバーゲンも、スノボだけになってる時代ですものねぇ。

そろそろ、リバイバルでスキーのブームが来たらいいのに。
この年齢になると、ちょっと久しぶりに滑りたいなと、時折思うのです。
2014.02.24 / Top↑
予感があって、実現されなかったもの。
予感があって、実現されたもの。
ソチオリンピックは両方を体験しました。

高梨沙羅さんが、この一年間に取り組んできたことは並大抵のことではなかったと思います。
テレマークはもちろんのこと、体幹や瞬発力の強化。
なにより、Wカップのインタビューの度に、先人として頑張ってきた先輩方への感謝を口にします。

試合後、山田いずみコーチに「メダルがなくてごめんなさい」と涙声で言ったそうです。

自分がやりたかったこと。
一番いいメダルを手に入れること。
それを見てほしかったこと。

本当に真面目で、心がまっすぐな選手です。

山田コーチが現役引退のとき、花束を渡す高梨さんが泣いている映像が何度も放送されました。
その現役引退のあと、女子ジャンプが認められ、五輪種目にまでなってきた。

もう少し早ければ山田さんが世界の舞台に立てたのかもしれない。
その分まで自分が頑張らなくては。
そんな気持ちで競技を続けていたのではないかと、思います。

沙羅さん、自分を責めないでくださいな。
あなたの飛ぶ姿が、ファンの大きな喜びになっていますから。


-----

フィギュアスケートの団体で、羽生君が出場したのは大正解だったようです。
彼がオリンピックの雰囲気を体験できたことは、緊張を少しだけでも緩めたと思います。

羽生君はこのシーズンでどんどん表現が良くなっていると感じていました。
アピールポイントを更に強くして言った感じです。

惜しむらくは、SPでいったんリンクに出たプルシェンコが棄権をしてしまったことでしょうか。
この舞台で、プル&チャンと競いたいと思ったでしょう。

FSはジャンプのミスが複数あったことから、満足はしていなかったようです。

先ほど、表彰式が行われました。
こんなに早く日本男子が金メダルを取るとは夢にも思ってなかった。

希望としては、シングルの競技だけでなく、ペアとダンスにも注目してほしいところです。
ロシアに国籍を移した川口さん、出場できなくてほんと、残念でした。

-----

高梨さんのことで気になったのは、板のこと。
エランというメーカーの板を使ってて、いつもはテールの「elan」が「sara」にマーキングされているのですが、
オリンピックで使った板はelanの文字。

オリンピック直前に、高梨さんが今シーズン使っていた板のビンディングがオーダーより1mmズレていたそうで。
大至急で作ってもらったものが2/9に届いたそうです。

もちろん、練習ジャンプなどで確認はしているのでしょうけれど、Wカップで使っていたもので10勝しているの
ですから、そのまま使ってもよかったのではないかと。
板がどの程度で使いまわされているのかは分からないので、もしかしたら五輪用に作ったものだけ誤ってたのか。

-----

と、ここまで書いたところで葛西選手の大ジャンプ!!
す、すげぇ・・・・
2014.02.16 / Top↑
ハルカスさん、QsMALLさん、MIOプラザ館さん(旧ステーションプラザてんのうじ)、先月完成した阿倍野橋歩道橋さん。
みぃんな新しくなっちゃって。

そのまんなかにどっしりと、阪堺電車の「天王寺駅前」駅がいてはります。
数年後、この駅はちょこっと西側に移動します。谷町筋が片側三車線になるそうで。(QsMALLの前の空き地って、そのための土地だったのね)

IMG_1504.jpg
2013.05.06 / Top↑
― 2日目 9/16 の続き-

静かな湖を後にして、今度は海の見えるところに。
高雄には旗津(チージン)という半島の土地がありまして。
真夏には海水浴場になるところです。
市内から自動車で行くとかなりの遠回りになるので、渡し船があります。

IMG_5543.jpg

これ、一階部分には椅子の類がなくて全部バイクと自転車のお客さんで埋まります。
私たち3人は、この船に乗る直前にレンタルサイクルの店を見つけて借りておりました。

自転車はどこに並ぶの
料金は分かってるの
次の船はいつ出るの

という細かいことに気を取られている私を尻目に、女性2人は

ちょっとでも割り込んだら許さないわよ!

という眼力で叔父さんたちを睨んでおります。

5分程度の時間で旗津に着きました。
あんまり潮の香りがしないのは暖流のせいでしょうか。

旗津でサイクリングを楽しみ、海を眺め、お昼ごはんを食べ。
そうこうしていると夕方に。
いやー、写真を撮ることも忘れてしまった。
シュウカンの会社の人にお願いして、高雄の名産物を原付で持ってきてもらいましたよ。

そして船で戻って台湾名物「かき氷」のお店に連れて行ってもらいました。
こんな感じ。

IMG_5555.jpg

IMG_5556.jpg

めっちゃうまい

マンゴーの濃さったらもう、日本では味わえない。
だがしかし!

かき氷で30分待たされるのはちょっと・・・・。
近くのテーブルでは「大盛り」を食べている学生さんもいました。
君ら、夜は気をつけや・・・・。

シュウカンの弟さんとも会えました。姉弟とも名古屋の地球博に来てから6年ぶりです。
夕食を終わり、夜も更けたころに4人で記念写真。
弟君、前は大学卒業したところで可愛らしかったけど、徴兵に期間を経て男らしくなった感じがする。
優しい人だから、そろそろ素敵な奥さんに出会ってほしいものです。

そして、タクシーでホテルに帰りました。
今夜は昨日よりいい部屋に換えてもらえる話になっておりまして。

IMG_5561.jpg

ひろっ!!。
同じホテルとは思えない、部屋グレードの違い。
一番びっくらしたのはこれ。

IMG_5559.jpg

あぁ。。。。。部屋にバスタブなんて映画だけだと思っていたのに。
こっ、これをどうしろとおっしゃるのでしょうか、中佐!!
2012.10.14 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。