上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨夜のパラグアイ戦。

力が入ったままゲームを見たせいで、朝は起きれないわ体はだるいわ眠いわで今日はしんどかったです。

120分+PK戦ですもんね。

後半の終わりのほうで、
私「これはPK戦になるかなぁ
と言いましたら、
嫁「でもまだ40分ありますよ

言われて気付きました、まだ40分も彼らは走って蹴って守ってしなければならないんだと。

それがどれほどすごいことか。

PK戦は心臓に悪くて嫌いなんです。
悪いイメージばかり思い浮かべちゃうし。

嫁さんはそのとき、ずっと立ちっぱなしで応援してました。

この人がこんなにスポーツの応援に夢中になってるのは初めて見たなぁ。

----------

この大会の日本は本当に強かった。
かっこよかった。

試合終了後、あれだけ泣いたチームが今まであったでしょうか。
それがただ悔しいだけでなく、大会が終わってチームが解散する寂しさからの涙であったこと。
いかに素晴らしいチームであったか。

大会前に、ベスト4が目標だと言ってのけた岡田監督。
昨夜の戦いでベスト8に進んでもおかしくない実力があることを示したチーム。

だから、ベスト4は夢物語じゃなかったんだ。

ブラジル大会でまたの希望を。
スポンサーサイト
2010.06.30 / Top↑
今夜は食事に例の旗も立てて、日本の勝利を祈願しました。
オランダ戦のときに忘れてたんですよねぇこれ。
前回のデンマーク戦ではちゃんと立てたんですよ。

今回の大会で一番心配なのが審判。審判なだけにしんぱ・・・いやなんでもないです。

グループリーグのときから、シミュレーションっぽいのを見抜けずに赤出してしまったり、オフサイドが厳しすぎたり。
そして先日のドイツ対イングランドでの大誤審。
誤審も含めて全部がサッカーというもんらしいですが、あれはちとひどいかなぁ。
嫁さん一度起きてきたのに、あれ見てがっかりして眠っちゃった。
(彼女にとっては、イングランドは第三の故郷らしいです。いくつあるんや)

せめて日本戦は、大きな問題がありませんように。

昨日まで嫁さんがイエローカードのことを「カレー券」と言い続けてました。
変な言葉教えてごめんなさい。

いま、テレビ画面では選手たちがウォームアップをしているところです。

その直前、岡田監督が片手にコーヒーのカップを持ち、もう片手をポケットに入れ、ゆったりと競技場を眺めていました。

その岡田監督の珍しくかっこいい場面を見て、もしかして、いやきっと、勝てるんじゃないかと思いました。


嫁「あのコーヒーは無料ですかね?


やかましいわ!!
2010.06.29 / Top↑
MBSでやってる「知っとこ」の今朝の放送ではウィーンをやっとりました。
有名な建築デザイナーの紹介のところで、ゴミ焼却場の映像が流れたところで、「あれや!」と気が付きました。
けっこう有名な大阪市のゴミ焼却場(USJの近所の)のデザインとそっくり。
あの焼却場、そんな有名な人にデザイン依頼してたんですな。

その後、街のスーパーで会計する前に食べたり飲んだりするのは構わないんだという話の紹介。
店内で飲もうが食べようが、会計をしてくれれば問題なしってこと。
以前に嫁さんに聞いて知ったのですが、ロンドンでも同じです。

よく中国の子供は会計前に袋開けるし、親は怒らないって話を日本の方のブログで見かけるんですが、それって欧州の国からすると普通なんですな。
中国の習慣が何でもかんでも遅れてて悪習ってイメージがあるんだろうか。
これがロンドンやウィーンで知ったのなら、その方達はどんな風に感じたんだろうか。

嫁さんが日本に帰ってきた直後に、スーパーの果物の扱いで意見の相違があったんですが、嫁さん曰く
「だってイギリスだと勝手に試食してもいいんだよ」
だって。
イチゴとかブドウは一粒食べてみて、気に入らなければそのまま放置。
んで、別の人がそれを買う。

まぁでもここは日本ですよ嫁さん。我慢しておくれ。
それに、君が試食すると半分くらいなくなりそうだよ。

----------

やっと空芯菜が収穫できるようになりました。
きっと水分が足りてなかったんですね。
毎日、朝と夕方にたっぷりと水をやったら、毎日1センチ以上伸びました。

20100626_IMG_1368.jpg

後からわき芽が伸びてくるように、2,3節残して収穫しました。

収穫できたのはこれだけ

20100626_IMG_1371.jpg

そう、これだけ。

だから炒め物にしても・・・・


20100626_IMG_1372.jpg

すくなっ!!

でも美味しかった~
2010.06.26 / Top↑
そうですデンマーク戦を全部見ていたので、めっちゃ眠いんです。

25日午前3時半からのデンマーク戦を見るため、私は9時に眠っていました。
嫁さんは起きたままでいるつもりでしたが、イタリアのゲームを後半途中まで見てダウン。

3時過ぎにアラーム鳴らして起きたんですが、嫁さんは「寝とく」と一言言って丸まっちゃった。
君がいいだしっぺなのにー。

そして試合開始。
落ち着かない序盤で危ない場面が何度かあり、それで「うわー」やら「だあああ」やら一人で声を出してました。
そして本田のフリーキック。
あんなに綺麗なフリー、この大会でほとんど出てません。
立ちあがって拍手したりしてたら嫁さんが起きてきました。

寝起きの嫁さんはとてもじゃないですが他所のひとには見せられません。
いや見せる必要も場面もないはずですが。

嫁「何がありましたか
私「日本が先制したんや!
嫁「さっき、『うわー』って言ってたときに入れたの?
私「どの『うわー』なのかわからん。とにかく先制点や!

寝起きの嫁さんは理路整然と意味不明なことを言うことがあるのです。

そして遠藤のFK、デンマークのPK、最後の岡崎の追加点と、わーわーきゃーきゃー言いながら見まして。

そして試合終了。

勝っちゃったよ!!!!

予想以上もここまで来るとびっくり。
大会前の試合で勝てなかったので、逆に予選リーグで爆発するんちゃうかと思ったこともありました。
(もちろん、素人のかなりの希望的観測で)

決勝トーナメント進出でいろんな経済的効果があるんでしょうが、今日見かけたのは奈良県内の西友のサポートグッズ売り場。
60代のご夫婦が、「ほらこれもう半額やで」とTシャツ広げてるし。
同じような年代のおばさまが、ジャパンのタオルを選んでるし。

さて次はパラグアイ。
めっちゃ強いけど、ニュージーランドと引き分けてるし。
あのくいだおれ太郎のようなユニフォームに負ける気がしない(どんな根拠や)。

がんばれジャパン!!
2010.06.25 / Top↑
先日のオランダ戦について書かれているブロガーさんが何人もおられた中で、少々興味深いことがありました。

ともに旦那さんの仕事の都合で中国の北方に住んでおられる、奥様お二人。
お一方は、「とある人の集まる場所で、反日の人が多かった」
もう一方は、「どこに行っても日本戦の話で、アジアの仲間として応援してくれた」

お二人の感触の差が、どういうところから来ているのでしょう。
どちらの方も正しい受け止め方をされているのだと、そう思います。

どんくさいことに、お一人の「反日」のことを読むまで、しばらくその問題を忘れておりました。

5年前の春。
私が初めて嫁さんの故郷を訪れたとき、日本ではあの反日デモの様子が毎時のように報道されているときでした。
あのデモがどんな要因で発生したのか、いまだにはっきりしません。

そのときも感じたのですが、日本でこういった中国の反日感情の報道があると、まるでこの土地や、国全体が巻き込まれているように受け止められます。
日本国内では「今、中国に行って大丈夫?」ということを聞かれ、
いざ行ったときには「あんなことをなんでするのか」「どこでそんなデモがあったのかさえわからない」という反応。

中国の人はよく、「日本人は建前と本音がある」というそうです。(私自身はそのような意見を聞きません)
主にビジネスで「あいそのいい」ことを言う日本人を見てそう思うらしいです。
ところが私からみると、中国人のほうが建前と本音を使い分けていると感じます。
人間関係を計算して、どのように振る舞えばいいのかを決める。
そんな生き方は京都の人に似ているかもしれません。

日本=オランダ戦でオランダを応援していた中国人、日本を応援していた中国人。
そのどちらに、本音があったのかはわかりません。

とりあえず、私と一緒に暮らしている中国人は、スーパーで貰った侍ジャパンのハンカチを見せて私に
「今度これで応援するからね」
とひとこと言ったのでした。
2010.06.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。