上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
多くの人が下を向いている。

不景気のせい?
将来の不安から?

どうして下ばかり向くんですか。
周りにいる人には見向きもせず、ずっと下だけ見て。

理由は簡単でした。

みんな、携帯電話を見てるんでした。

たまには空の雲や、夕方の建物の輝きを見ればいいのに。
たまには座席の前に立つ人が、どんな人なのか見ればいいのに。
たまには遠くの山の色を見てみればいいのに。

10年ほど前、出張で東京に行ったとき、電車に乗る人々が携帯電話をいじってばかりいて、少し気持ちが悪いと感じました。
当時、大阪ではほとんどそういう人を見かけなかったからです。
結局は大阪でも同じような人々が増えました。
電車の中はともかく、自転車に乗りながら携帯見てる人はかなり危ない。

なんかもったいないですね、手元だけを見て過ごすのって。
今年入学した高校生はスマートフォンを手にしてる子が多くて、友達と会話してても眼は電話。
近くにものすごくかっこいい男子がいても気付かなくていいのかい、女子さんたち。
隣に別れた相手が座ってても、お互い気付かなかったりして。

それと、夜道を歩きながら携帯いじるのはやめましょうよ。
危ないというより、顔だけが明かりで光ってて怖いんだもの。

----------

ところで「テルマエ・ロマエ」を見に行った時のことです。
入場のときに小さなパンフレット冊子をもらいまして。

嫁「阿部さんは兄さんより年上なんですか?」
私「俺が若いころにはもう有名なモデルやったしなぁ。」
嫁「上戸(彩)さんは、ネズミで有名になったんですね」
私「ネズミ?mouse?何の話??」
嫁「上戸さんが主演した映画ですよ。知らない?」

(2秒間、沈黙)

私「それは『あずみ』やろ!」

上映前に大きな声を出してしまいました。
おもろいやっちゃ、ほんま。
スポンサーサイト
2012.05.12 / Top↑
連休の最初にテルマエ・ロマエを観に行きました。
阿部さんと上戸さんが何度も「見てくれ」いうもんで、仕方なく。
いや楽しみにしていたのですが。

漫画のほうは全く知りませんでして、実は昨年下期に放送していたアニメを「第一話で切った」のです。
絵があんまり好みじゃなかったもので。
映画の方が、ローマでの試写で大ウケしてたのを読んでどうしても見に行きたくなりまして。

感想ですが。
とにかく笑いたい人は観に行きましょう。
見に行けない人はレンタルが出たらツ○ヤで借りるか○マゾンで買いましょう。

阿部寛さんの笑わせかたの上手さったらもうたまりません。
映画で大声出して笑ったの、初めてです。
舞台劇のような間の取り方がたまらん。
泣き芸で笑えるところがたまらん。
胸と尻がたまらん。

ローマの浴場と日本の銭湯や温泉の対比はせず、観客が「あ、そうか」と気付くところを引き出す部分もあり。
ちょっとした歴史の復習にもなったり。
「この人は俳優なんだろうか?」という人が出ていたり。

3年前に行ったイギリスのBath、ローマ人が造った浴場の遺跡を思い出してました。

IMG_0109.jpg

もう一度行きたくなっちゃった。

--------

最後にひとこと。

黄金週間の始まりと終わりに、大きな事故と災害がありました。
事故で怪我を負われた方、竜巻や雷で被害に遭われた方にはお辛いお気持ち、お察しいたします。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
2012.05.07 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。