上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夕べ、グッピーに餌やりをしてたら、ふと気付きました。
水草の根元の間に尻尾が揺れてる・・・。

慌てて覗いてみると、最初に買った中で一匹だけ残っていたオスが底砂の上に横たわっています。
網ですくってみるとなんとか動いているものの瀕死の状態。
しかも、いつもあまり広げない背びれにヒレ腐れ病の症状が出ていました。

超特急でバケツに水を張ってカルキを抜き、薬をぶち込んでぶくぶくを入れ、こういうこともあろうかと買っておいたサブのヒーターを入れて通電して。
その中にオスを入れましたが、ほとんど動かず。

病気でなければそのまま水槽の中に置いておくほうが良かったのでしょうけれど、隔離するしかなかったのです。

やはり夜、眠る前に様子を見ると死んでしまっていました。

このところ問題なく飼育していただけに、何が原因なのか思い当たることがなくて。
試験紙で水質チェックしても大きな問題はないし、週末の水換えで失敗したこともなさそうだし。
尾腐れ病は今まで2匹出ていましたが、いずれも完治してまだ元気にしています。
それに命にかかわるレベルまで進んでいなかったようですし。

原因が分からずに飼育していくのが不安です。

とうとう成魚のオスがいなくなってしまいましたが、最初に生まれた仔のうち一匹が、先日から求愛行動しだしています。
第3世代まで育てられるようにもっと勉強しなくちゃ。
2010.11.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/198-380378e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。