上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イギリスの暴動は沈静化に向かいつつあるようです。

今回の騒動が始まったころは、まだ映像をさほど見ていなかったので、ピンときませんでした。
ところが9日当たりの海外ニュース映像(ABCとか)を見ると、暴動ですまなくなってる状況。
ロンドン市内の火災発生個所をマッピングしただけで30とか40の数。

ソニーの倉庫の映像はよくわかりませんでしたが、他の市内地の映像見たら、これは戦争じゃなかろうかというショッキングなもの。
1キロ四方の町がみんな火にまみれていて。。。。

そこで嫁さんに妹のエルザのことを相談してみましたが、「あの子の家は大きなマンションだから大丈夫でしょう」と。いやそんな話じゃないのでは。

今日になってメールを送り、返事もきました。
家も職場も大丈夫ですが、出勤を差し止められているそうです。
その職場だってヴィクトリア駅構内にあるのに。。。そこでも仕事できないのね。

もうすぐに夏休みが始まるので、2人でポーランドに帰ることになるので、危険なことにはならないと思います。

どうもあの暴動って、もとの原因よりは政府への不満が燃料になってしまった気がします。
怪我人のバッグから荷物を盗んでるシーンなんか、もう不満でさえもない。

自然災害や経済問題があちこちに存在するなか、なんであの民衆は暴動してしまったんでしょうか。
あなたたち、その火はどうして使ったのですか。
町が元通りになると思いますか。

瞬間湯沸かし器のような反応をすると、後々、後悔しますよ。
2011.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/249-eac553ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。