上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
連続テレビ小説「おひさま」が最終回を迎えました。
あー泣いた。
物語が悲しいわけでなく、なんかこの番組をみると心がほっとするところがあったので。
震災後、この物語が放送されたのがよかった。
好きだった「てっぱん」でも、見続けるのしんどかったもん。

「おひさま」の良かったのは、きっと陽子が普通の女性だったから。
強い女性じゃないから。
どこにでもいる人で、そして逆によわっちい人だったから。
でも、まっすぐに人と付き合い、どこまでも自分のことを信じていた。

途中に、すごく辛い期間がありました。
終戦までの間、「登場人物のみんな、大丈夫なんだろうか」と思いながら見てた頃です。
残念なことに何人かの登場人物は戦争で亡くなり、また家族を失いました。
学校で陽子をいびっていた先生が戦地に行くときに、無事に帰ってきてと祈ってました。直後にナレーションで祈りが届かなかったこと知らされましたが。

陽子が教職を離れるまでは、何らかの心配をずっとひきずってました。

陽子が母になり、友人が新しい恋をするようになり。
火事で嫁ぎ先は全焼してしまうけど、みんな無事で。
とにかく、いいほうに考える。
それがみんなの共通点。
辛いことも忘れないで、新しい道を見る。

ほんま、よくできた物語でした。
このあたりやっぱり、AK制作のほうに分があるなぁ。
「ちりとてちん」以外はやられっぱなしですわ、BK。
次のカーネーションはどうなることやら。だって岸和田やもん。濃すぎるもん。

「おひさま」の女学生途中まで、録画見てなかったことが悔やまれます。
総集編楽しみに待とう。

-----

昨日の10月1日は中国の建国記念の国慶節。
黄金週(ゴールデンウィーク)に並ぶ、2大連休が始まってます。
そんな国慶節生まれの嫁さんですが、あまり大したこともできませんでした。
明日はちょっといい食事に行こうかなと思ってます。

この時期、大陸ではどんな様子なのか一度見てみたい。
桂林では戦闘機のデモ飛行やってるのかな。

「天空1号」の打ち上げは国慶節に合わせたものと考えてよさそうです。
ステーション開発に金使いすぎなことも、ちと腹立たしいのですが、
ISSには参加するな、そして自国でも何もするなという国際世論にもいらいら。
そもそも、最近のUSAとロシアとフランス、みんな信用できなくなってないか。ああ、いらんこと言うた。

建国記念日を祝うのは、世界中どこにでもあるとは思いますが、日本のはどうでしょう?
どうも起源が神話のせいか、いまいち国民の意識が「休みの日が♪」で終わってる印象。
もそっと、国のことに思いをはせる日であればいいのに。
一部の政党からいらんこと言われそうだな。

じゃあ、もういっそのこと独立記念日を作れば良かったかも。
あ、そうか沖縄の復帰記念日が違うからややこしいか。

嫁さんは空港の仕事がそんなに忙しくないと言ってますが、彼女がいるのは出発のほう。
もしかして日本に住んでて大陸に帰る人よりも、旅行の帰りの人が多いとか?
でもそうなら、10月3、4日を連休にさせるわけないだろうし~
(中国語ができるってことで採用されてるんだし)

そんな3、4日に大阪南港へ中国の豪華客船が到着するそうです。
USJのあたりにいくつか大型船が停泊できるから、そこかな?
で、観光客目当てに特設の販売店を作るそうで。(海遊館の横にある施設かな?)
1300人も乗ってるそうだから、1億円以上の目標なそうで。
がんばれ大阪商人。
港で高級炊飯器売るなんて、恥ずかしいと思ったらあかん。

たこ焼き屋も本場のたこ焼き売りまくろう。
コンデンスミルクのかかってない、本場のを。
2011.10.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/272-44350da2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。