上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回は記憶の混乱について書きました。
今回は他の困ったことあれこれです。

『味覚障害』

この味覚障害のことを書くのが難しいのです。
というのも、「味覚障害」なのかどうかすら分かってません。
状況を説明します。

発症したのは退院してから1ヶ月ほどたった9月です。
一部の食べ物の味がかなり悪くなりました。
・醤油を多く含んだ煮物
・揚げ物
がダメになりました。
うちの妻の得意料理の半分くらい、このおかげで食べにくくなりました。

しかし他の味は全く変わってません。
焼き魚、卵かけごはん、味噌汁、鶏の塩焼き
どれも変わらないのに、なぜか条件が一致するものだけ全く駄目。
不味い、もしくは味がしないという感じです。
一番おかしいのは「煮物や揚げ物の匂いが変」なことです。
どうやら医師の話では、「味覚障害ではなく、嗅覚障害の可能性がある」とのことです。
どちらにしろ、治療法がないということです。

弟がサプリメントをくれたので飲んでいます。
サプリメントは亜鉛やカキエキスが入っています。
飲み始めて2ヶ月ほど経ち、だいぶ良くなりましたがまだ治っていません。

『鬱の気配』

鬱になったわけではありませんが、それを感じる気配がありました。
実は以前、鬱になったことがあります。その気配がしました。
多くは9月いっぱいで治ってきました。

・不安を強く感じる・・・妻が買い物に行って、一人になるだけで恐ろしく感じます。
・閉所恐怖症・・・不安を感じると、閉所恐怖症になることがあります。CTの検査が受けられませんでした。
・興味がなくなる・・・草花やグッピーの世話がほとんど出来なくなりました。

最近になって神経科を訪れることになり、少々心配なので様子を見ましょうと言われています。
閉所恐怖症は小さい頃から感じることがありましたが、阪神大震災のころにひどくなっていました。
当時はそのせいで何カ月もの間、夜中に汗をかいて目覚めてしまうことになりました。

『性格の変化』

これは私のことではありません。聞いた話のことです。
脳疾患で、このような変化が起こる場合があることを知りました。

とある人は、上司としての資質を失いました。
会議で個人攻撃ばかりをするようになり、部下を追いやりました。
その部下は1年のあいだ、休職をするはめになりました。
今ではその上司は、全く別の部門に異動してしまったそうです。

とある人は、2度のクモ膜下出血で別人になりました。
同居している奥さんのお母さんに対し、ひどい言葉を浴びせるようになりました。
以前は大人しく、優しい旦那さんだったそうです。
そしてそのお母さんが亡くなったとき、自分から「俺は葬式でなんもせんからな」(何もしないぞ)
しかしお葬式のとき、「俺だけ仲間はずれにされてる」と大きな声で言ったそうです。

ちょっと怖い事例を書いてしまいました。
心構えをするわけにも行きません。
こういうことがあると、知ってほしい。

(続きます)
2011.12.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/288-0c40abdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。