上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
嫁さんが引越しした翌週末。
半年間お世話になった、元の家の大家さんが引っ越すので嫁さんがそのお手伝いに。
(大家さんとは言ってますが、家のオーナーから1軒借りて、それを又貸ししているので
追い出される立場になっちゃってます)

嫁さんの前に引っ越したルームメイトとともに計4名、家財道具を出そうとしたところでさぁ困った。
この大家さん夫婦、特に奥さんが物持ちよすぎ!
ぬいぐるみだけででかいビニール袋に2つも!

以下、ぬいぐるみに関する奥さんのお話。(引っ越し作業中)

「これはね、前に住んでいたところで買ったぬいぐるみ」
「これは高校生のときに買ったの、まだ捨てられないわ」
「これは小学生のときにおばあちゃんが買ってくれたの、中国に帰るときまで大事にとっておくの」

嫁さんキレかけ。
「使わないものをロンドンまで持ってくるな!」

で、とりあえず第一便の自動車で引越しへ。
部屋に入ろうとしたところで一同がボーゼンと立ちすくみました。
すげえ部屋が汚い!というか前に住んでた人の道具散らかってる!
どっから見ても廃墟やん~

こんなところに引越しできないよ、てなことになり・・・

で、どうしたかといいますと。
なんと、引越ししちゃいました。でも別の家に(笑)

夜の早いうち(とはいえ9時とか10時になってたはず)に、もう1軒目をつけていたところに連絡し、そちらに引越し先をチェンジ!

改めて家財道具を運びなおすため、新しい大家さんに車をもう一台借りて運ぶこと十往復。
夜から始めた引越し作業が終わり、嫁さんが開放されたのは朝5時でした。

すごいよ、あんたら。
まったく凄いよ。

てかロンドンではこんなトラブルは普通なんだろうか。
引っ越し作業を始めてから行く先変更って、そんな途中下車の旅のようなことを。

こうやって、仲良しのルームメイトと大家さんは、みんな引越してしまいました。
私がその家を訪れてから、たった2週間後のことでした。

george_lane_house_convert.jpg

嫁さんが大好きだった家。バイバイ。
2009.05.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/3-7b049c08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。