上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ジャンプのワールドカップ日程が終了し、男女のチームが揃って帰国しました。

オリンピックシーズンのW杯転戦は体力気力の負荷が大きいのだろうな。

今シーズンは高梨沙羅さんの注目度もあり、全てのW杯試合がBSで放送されました。
日本の女子ジャンプが始まったころは、男子の前に数人が飛んで終わりだったので、認知度が高くなって良かったと思います。

沙羅さんに注目が集まる中、同じく十代の伊藤有希さんが毎回調子を上げ、結果、今シーズン3位となりました。
沙羅さんが優勝することが当たり前のようになったのと、同じくらいに有希さんが一ケタ順位が当たり前になり、五輪後は表彰台に上ることが特段に増えました。
表彰式のとき、沙羅さんが国外選手に握手で迎えられるのに対し、有希さんとはハイタッチで挨拶する姿が微笑ましくて。

二人ともインタビューでは硬い表情で応答していますが、時折見せる笑顔は愛らしい、若さあふれる素敵な顔になります。

全日本スキー連盟のナショナルチームでは沙羅さんだけが特出して「特A」となっていますが、次シーズンは有希さんのランクもかなり上がると思います。
できれば、今シーズン途中でランクを上げても良かったのではないかと。規則上では無理なのかな。

----------

沙羅さんが帰国のインタビューで「ベッドで寝たい」と言ったことが一部報道で取り上げられていますが、実際には「自分のベッドで寝たい」という意味でした。
そうだよね。
何か月もの間、世界中を廻って自分の家に帰ったことが何回あったことか。
W杯と他の大会にも出ていたわけだし。

そしてその1シーズンの間、たった一度だけ、表彰台に登れなかったのがソチオリンピックでした。

後のW杯実況で解説された山田コーチが、競技終了後のやり取りを話していました。

「メダルが取れなくてごめんなさい」
「メダルを取らせてあげられなくてごめん」

胸が詰まりました。

----------

W杯史上、男女通じて最多勝を得た沙羅さん。
素晴らしい成長を見せた有希さん。
来シーズンの女子ジャンプが楽しみでなりません。

だって日本女子はW杯の「国別ランク優勝」を取ったのですから!!
2014.03.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/314-1b97c965

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。