上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ロンドンの嫁さんの所に、先週末から桂林のお母さんが来ています。
滞在は一ヶ月ほど。ながっ。

お父さん料理できないから、一ヶ月の間はずっと外食なのかなぁ。
主婦が一ヶ月間、家を空けるというのは驚かれるかもしれませんが、ちょっと前にお父さんが一ヶ月の間、家を空けていたのでおあいこでしょうか。

なんでもお父さんは先日、
ネットで知り合った人たちと一緒に

ちょっとチベットにドライブ行ってた

らしいんです。

おおおい、何キロあるんですかあ。。。
調べたらラサまでで片道3,500kmありますよぉ。
往復したら水曜どうでしょうのアメリカ横断より長いじゃないですか。
仕事柄、長距離の運転は得意とはいえ、、、(お父さんは水利関係の機関で運転手の仕事してます)
そして一ヶ月も休める中国の職場ってすごい。(さほど特殊なことではないらしい)

さてお母さんですが問題が出てきてしまいました。
ロンドン到着3日目でホームシックです。

それはそうなんですよね、言葉がわからない、やることがない、友達がいない、食べるものが合わない。
せめてもの救いが娘と一緒ということなんですけれど、その娘は平日の昼間は授業でいない。

嫁さんがロンドンに来て欲しいと言って迎えたのですけれど、お母さんにそんな思いをさせて申し訳ないと隠れて泣いていたそうです。
二人とも気の毒やら可哀想やらで、遠い日本で気を揉んでいるだけの婿。

----------

海外生活を営むには、それを実行するための動機付けとバイタリティーが必要な訳で。
短期間とはいえ、お母さんにはそのどちらもが乏しかったのです。
ブログで読む海外生活者の方には、旦那さんの仕事の都合で同行された方が少なくありません。
その方々が、最初にどのような不安を抱かれたのだろうと想像したとき、やはりこれもまたバイタリティーの必要なことだったのだろうなと思うのです。

----------

今日からは5日間UK一周の旅に出ているそうなので、何かのきっかけで帰ってきたら状況が変わっているかもしれません。
何らかの楽しみを見つけて。
息子としては是非にも楽しい滞在であって欲しいのです。
2009.07.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/42-f5b51d5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。