上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日買うのを控えていたデジカメですが、購入しました。
今まで持っていたのと同じく初心者向け。
軽いオフ会で初撮影したのがこれ。

IMG_0005.jpg

ミルク金時。
こういうのブログに乗せると女子高生みたいだ。

さて今回は先に陽朔であったこぼれ話とその続きを。

----------

陽朔の町を歩いていましたら、後ろからオルゴールのような曲が聞こえてきました。
そしたら嫁さんが私の腕を掴んで「こっち!!」と路地の奥のほうに引っ張っていきます。
訳がわからずに頭の上に「?」マークを4つほど回しておりましたら。

さっきまでいた道を散水車が通って行きました。
車道だけでなく歩道にまでシャワーで水をまいていきます。
露天商のおばさんが商品の上に布をがばっとかけたのが理解できました。
逃げ遅れた人が膝から下をぐっしょり濡らしていました。
なんちゅう強引なお掃除なんでしょう。

ショーを観たあと、高速道路で桂林に帰っているたとき。
車道脇になんかあるなと思ったら後輪が片方なくなっていたトラックでした。
どうやったらあんなことになるんだろう。

そしてひとつ不思議なことが。
桂林だけのことかもしれませんが、明かりの少ない道を走っているときはライトがローなんです。
で、対向車が近づいて来たときにハイに変えるんですね。
日本だともちろん逆なんですが、このマナーというか習慣はどうなんでしょう。
どういう理屈なのか、今度桂林の父に聞いてみたい。

----------

翌日はホテルをチェックアウトして七星公園に向かいました。
公園には名勝らくだ岩やパンダという見どころがあります。
この日は桂林市民は入場無料だったようで、かなり入口から混雑していました。

ラクダ岩というのはこれ。

2005_05_01_photo0001.jpg

もうラクダにしか見えない岩。
もちろん記念撮影する人でてんこもりです。
中国の人特有の、ポージングばりばりの人であふれかえります。

本物のラクダにだって乗って記念撮影できたりします。

2005_05_01_photo0007.jpg


そしてパンダ。
実は私、パンダを見るのは初めてでした。

どこにいますか?

あ、いたっ!!


2005_05_01_photo0004.jpg

2005_05_01_photo0006.jpg

すごい、パンダだパンダだ。
でも建物の中から出てくれません。
この暑さにやられてるのかも。

人が多かったので近くから見ることは諦めました。
看板を読んでみると、このパンダの名前は「美美(Meimei)」。
今まで保護・飼育されてきたパンダで最高齢なのだそうで。
お年寄りだから余計に暑さがこたえたんだろうね。

七星公園に行ったのは2005年5月1日でした。
その年の7月12日、美美は老衰により死亡してしまいました。
あのときもっと近くで見ておけばよかったと後悔しました。

市民が花を手向けに来ている記事を中国系のサイトで見ました。
少女が美美の頭を撫でている写真がありました。
市民から愛されていたんだね。

その後、新しいパンダを借りることができ、パンダの飼育基地が作られ、繁殖の研究もここ桂林で行われるようになりました。
新しいパンダに会いに行きたいと思っています。
2009.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/53-9a504228

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。