上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
四日目のこれまでのあらすじ。

一人でホテルで朝ごはんを食べ、迎えが来るまで3時間テレビを見て過ごした。
CCTVは天気予報の時間がすごく長い。
七星公園に向かう道々、嫁さんに「本当にパンダを見たいの?」と言われた。

----------

七星公園の帰りに、嫁さんの友達とのランチの約束がありました。

あ、そうそう。
これ以降の日程は、観光ではなくなってるのでほとんど写真がありません。
文字だけでお送りいたします。

桂林の中心部で待ち合わせ。
デパートの食堂街に行ってお昼にします。
待ち合わせたのは通称「おでこ」さんと「満月」さん。
なんでそんな名前で呼んでるかは聞かないでください。
見た目そのままで呼んでるなんて口が裂けてもいえません。

食道街へとエスカレーターで登っていたら、エスカレーター止まっちゃいました。
乗っていた全員が苦笑して歩いていきます。

食道街のシステムは伝票を持って行って料理サンプルが置いてあるカウンターに行き、指さし注文して伝票にチェック入れてもらうもの。
これ便利ですよ。
料理名だけだと勘違いしてしまうときもありますから、サンプルが見れるので助かります。
注文終わって席に戻ると、既に数品が到着済みでびっくりです。

ご飯食べて、近くの喫茶店でお茶しました。
このときに質問されたことを覚えています。
「なんであんなに大きな事故になったのですか」

この旅行のちょっと前に、JR宝塚線で発生した列車脱線事故のことでした。
このときはまだ事故直後で、私も何も原因などの情報は知りませんでした。
なんらかの原因でスピードを大幅に超過し、脱線したことだけわかっていた頃だったと思います。
中国でもニュースに取り上げられ、日本の安全な列車システムのイメージに影響が出たのだろうと思います。

この喫茶店に入る直前、危ない目に会いました。
駐車場を横切って店に向かっていたとき、駐車していたタクシーが私たちに気づかずバックで向かってきたのです。
さほどのスピードではありませんでしたが、至近距離で向かってきたので体を捻ってよけながら、トランクの部分をバンバンと叩いてドライバーに知らせました。
そのときに口から出たのが

どこ見てるんじゃこら!

こういうときは下手に外国語で話そうとせずに、母国語でまくし立てたほうがいいらしいです。
ワシントンDCに住んでいたチャット友人が、アメリカ人にそう言われたそうな。

「あんたの英語じゃあ、怒っても丁寧になってる。怒るなら自分の国の言葉で怒りなよ」と。

まぁ、私の場合、中国語話せないからどのみち大阪弁で怒るしかないのですが。
(河内っぽい台詞が出てしまい、ちょっと恥ずかしかったのは内緒ですのよ。)

この日は夜にも、友達の家に呼ばれていました。
なぜか友達の旦那さんが私が来ることを聞き、じゃあ晩ご飯に呼びなさい、てなことになったらしく。
その旦那さん、日本で仕事の研修を受けたことがあって、少しだけ日本語が話せるのです。

ご飯をいただいた後、結婚の時の写真を見せてもらいました。
嫁さん、結婚のときに帰国できなかったので楽しんで見ていました。
1歳くらいになる赤ちゃん可愛かったな。
赤ちゃんの面倒を見ている旦那さんの妹もすごく可愛かった。

家に帰って洗濯して就寝です。
さすがにお宅訪問すると緊張して気疲れしました。
四日目が終わりました。

----------

その後。
満月さんは結婚して旦那さんと一緒にオーストラリアに移住。
食事に招待いただいたご夫婦には2人目の赤ちゃんが生まれました。

おでこさんは。
その彼氏とすぐに別れてしまい、元気に仕事してはります。
2009.08.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/55-2d19c976

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。