上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やけにブログ訪問者が少ない日。
最初にアクセスしたのは、とある日本の検索サイトのクローラーさんでした。
その検索サイトで「日記なんて書けない」と検索しても、私のブログは出てきませんでした。

こんばんは、検索クローラーに無視されたブログを書いているシンゴです。

検索と言えば、この役に立ちそうもないブログに、ブログ検索で来られる方がたまにおられます。
その結果。
世界陸上のあの人の悪口とか。
一枚しか写真のないあの百貨店の新しいビルとか。
手続きの参考にもならない、先日来たあの書類を待つ日々とか。
そんな記事を読ませてしまうハメになり、私自身一同反省するばかりです。

(検索に引っかからないための遠まわしな言い方を努力してみました)

ちなみに今までで最高に笑った検索ワードは「博多にわか 日食グラス」でした。
同じことを考えた人がおられたわけですね。

----------

今朝は早起きしましたら、就寝前の嫁さんからSkype呼び出しがありました。
なんでも学校から帰ってから数時間、ずっと日本の賃貸住宅サイトを探していたようです。
「これはどう」「次はこれ」「これいいよね」
次々に送られてくるURL。

なんらかのプレッシャーを与えようということですね。

敷金礼金について説明を求められましたが、関東での保証金や更新料のことを知っていたのですぐ理解した様子。
逆に昨年まで嫁さんが居候していた、埼玉の親戚の家の更新料の高さにびっくりしました。
更新料もほんの数か月前に知りましたよ。関東の慣習なんですね。

ロンドンの友達と引越しのことを話していた嫁さん、「家電や家具は中古でいいじゃないの」ということでイギリスの中古家電サイトを見たそうです。
新品の半額で買えるものがたくさんあるそうで。
「日本にはそんなお店はないですか」
私は家具は中古でも全くかまわないのですが、炊飯器などの炊事道具にはちょっと抵抗があります。
それに検索してもリサイクルショップは買い取りの情報ばかり。
どこで売ってるんだぁ。
さすがに中古品をネットで買うほど無鉄砲なことはできないしなぁ。

以前の嫁さんは中古品なんて買う意味がないと言っていました。
人が使ったものを、貰うならともかくお金を出すなんて理解できないと。
彼女が育った時代の中国は高度成長期にあたりますから、そんな考えを持つのも当然です。
ベッドもデスクも据え置きで使われていくロンドンの生活は、彼女の意識を変えていました。

古いものを使い続けることはとても大事なことだと思っています。
なんでも新しいものが優れているというわけでもないし。
古いものは長く使われることを前提として作られていることが多いからかもしれません。

だからと言って古いもの全てが良いというわけでもなく。
嫁さんが列挙した物件の中にあった、築46年という私より年上の文化住宅には
「無理」
の一言ですませました。
2009.09.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/70-eabc75f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。