上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4日目。
今日は嫁さんの従妹夫婦と4人でBathという観光地に行きます。
片道3時間の日帰りバス旅行。

バスセンターのあるVictoria駅まで行って、従妹夫婦と待ち合わせ。
従妹は18歳でロンドンにきて、もう7年も住んでいる。
夫はポーランド人。背が高くて短髪の兄ちゃんだ。
初対面で握手したらめっちゃ力が強くて痛かった。
手加減してくれよ相手は東洋のちっちゃいおっちゃんやぞ。

二人が結婚したのはつい2週間前。
新婚ほかほかもいいところ。

4人でBath行きのバスにのり(決してダジャレのつもりではない)、さて出発だ。
水くらいしか持ってないけどいいよね。
で、説明聞いたら現地までノンストップらしい。

バスのシートが総革張りでゴージャス。急ブレーキのときにお尻が前に滑っちゃいますけど。
出発して少ししたらロンドン・アイさんが見えました。
待ってろロンドン・アイ。明日あたりには征服してやる。

嫁さんはすぐ眠ってしまいました。
せっかく窓側に座ってるのに贅沢なやつ。

途中、なんか地味なトレーラーが追い越していきました。
後ろに戦車がどっしり乗っかってました。
イギリスに来て戦車を間近で見れる人も少ないでしょう。ちょっと得した気分。

到着直前にちょっとした渋滞になりましたが、そんなに遅れることなく到着。
ところでBath(カタカナ表記するとバース)というのはそのまま、お風呂のbathの語源なんだそうで。
上の説明は嘘です。念のため調べたら、お風呂がある街なのでBathとなったそうな。
ローマ時代に作られた温泉施設があります。

とにかく最初にその温泉施設に向かいます。
入場料払ったときに聞くと、昨日Edinburgh城では高くて借りなかった音声ガイドが無料!
即効で借りましたともだってタダなんですから。

ところがこの音声ガイドのすごいこと。
施設内の80ほどあるポイントで、施設や発掘された物の説明を細かくしてくれます。
日本語の表現もわかりやすいし、なにより「もっと詳しい説明」とか「興味深い情報」が別番号で聞ける!
これがあるとないとでは大違いですよ。
音声ガイドをきっちり聞いてると、普通に展示を見て回る人の三倍くらい時間がかかります。
きっとEdinburgh城でも音声ガイドを借りていれば、もっと楽しめたのでしょうが。

ちょっと嫁さんの中国語音声ガイド借りてみましたが、早すぎてなにがなんやら。

IMG_0109.jpg
露天温泉風味

温泉遺跡を堪能して外へ。
お昼に何を食べましょうかというときに、従妹が「ケンタッキー行きたい」と。
それでケンタッキーに決まりました、はい(笑)
なんで観光地でケンタッキーなんですかという声も聞こえてきますが、彼女より5歳年上の嫁さんが何も言わずに従ったとい
うのが何よりの説明かと。(言い出したらとまらないらしい)
今まで旦那ちゃんにばかり道案内させてた従妹が、もう先頭きって歩いてますよしかも婦人警官に「KFCはどこですか」って
聞いちゃってますよ。

サッカーしてる少年少女たちにまで道を聞いて見つけましたKFC。

私と嫁さんは普通にバーガーとかチキンのセットにしたんですけど、旦那ちゃんが来てびっくりだなんですかそのバケツは。
ポテトがトレーの上に山盛りになってるし。
ドリンクが1.5リッターのペプシ。
それを二人で食べるんですか?

バケツ開けたらせまいよーって声が聞こえそうな鶏肉さんたち。
旦那ちゃんは一生懸命に食べ進んでいます。
「でけえなぁ」と言ってますがあまり苦しそうな顔ではありません。

鶏さんの法要(こら)が終わったので街を歩きに。
素敵過ぎてもう訳がわかんないよこの街は。
それもそのはず、この街全部が世界遺産。
昨日まで行ってたEdinburghも街全部が世界遺産。
「世界遺産多すぎだよ、国の全部を世界遺産にすればいいのに」と嫁さん。
いや、あんたの国もそのまま世界遺産になれるくらい多いだろう(笑)

川とか。

IMG_0119.jpg


ロータリーとか。

IMG_0121.jpg


ロイヤルクレッセントというでかい建物とか。

IMG_0124.jpg


町じゅうを堪能しました。
小さい町だから日帰りでも十分だね。

時間がまだあるので、ホテルの前のテーブルでビール飲んじゃったり。
今日はちょっと暑いからビールが美味しいのなんの。
嫁さんはバーテンダーに説明して日本でいうコークハイ作ってもらってました。
おい、あなたは日本で甘いチューハイしか飲まなかったじゃないですか。
そんなキツイお酒飲んで大丈夫ですか。

さてもう帰るしかないのですがまだ書くことがひとつ。
帰りのバスの中で、従妹が嫁さんに話をしてたんですが。1時間半も。
席が窓側の前後になってるのに、後ろの嫁さんに向かって延々しゃべってる。
桂林語なんでさっぱりわからず。(桂林語って中国語の系統なのに声調ないんですのよびっくりだわ)

何を話してたのか聞いたけどナイショだって。
しかしよくしゃべる妹だ。

さて明日はいよいろロンドン観光!
到着して5日目にしてやっと!

待ってておくれ、ビッグ・ベンさん。
必ず征服するぞロンドンアイさん。
2009.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onodrim.blog47.fc2.com/tb.php/9-08d010c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。