上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すっごい遅れたけど、思い出しました。
2月末の結婚記念日の時期に、金沢に行ったんでした。
うるう年だけの、本来の結婚記念日を初めて迎えました。(旅行後のことです)
ええと、かいつまんで写真でご紹介を。

20120422_IMG_5347.jpg

到着して最初はお寿司。
(ブログが2ヶ月ほど遅れたことにあわせて「時すでにお寿司」とか言ってみたり)

20120422_IMG_5357.jpg

まずは古い町並みを残す場所に行ったり。

20120422_IMG_5361.jpg

休憩所でオシャレなベンチを見つけたり。

20120422_IMG_5362.jpg

近代美術館に向かったら、神社で結婚式に出会ったり。

20120422_IMG_5368.jpg

美術館で思いっきり時間を使い、わけのわからない近代美術に触れてみたり。
これは撮影が許されてる唯一の場所。下に人がいます。

20120422_IMG_5379.jpg

居酒屋で晩ご飯。そして最後に追加オーダーしたのがこの巨大な、広島式お好み焼き。
でかすぎて爆笑しました。

20120422_IMG_5389.jpg

翌日は兼六園。
散策していたら、朝から降り始めた雪が強くなりまして。

20120422_IMG_5411.jpg

近江町市場で昼食。
嫁さん、てんこ盛りのウニとイクラに大満足でした。

ああ楽しかった。

「それだけかい」って思いますよね。

あ、そうだ写真見てて思い出したことが。

20120422_IMG_5419.jpg

金沢名物、フグの卵巣食べるの忘れてた!!!
2012.04.22 / Top↑
【5/7 尾道~倉敷~帰宅】

27年ぶりの尾道の朝。

20110522_IMG_4959.jpg

前に来た時は堺から原付で参りまして、道端で眠ってろくに観光もせずに帰ってしまいまして。
深夜の山陽本線を走る貨物列車の音が心地よかった。
あの頃は貨物列車だけでなく、はやぶさ、みずほ、富士、さくらと言ったブルートレインも走っていたはずです。
早朝散歩していた地元のおじさんと話し、そのまま向島を一周して帰ったのでした。
若かったから目的だけ達成して帰ってしまったんですね。
腋毛の左と言いますか、若気の至りといいますか。

旅館の朝ご飯を終えてちょっくら散歩。
部屋から見えておりました、てっぱんの撮影場所であるポンポン岩。

20110522_IMG_4970.jpg

てっぱんダンス踊りながら記念撮影とかしたりして。
でも既にこの時点で足が重い。
なぜなら、昨日歩きすぎたから。

思い起こせば前日はあの金比羅さんの階段を784段上り、そして下り。
夕方に着いた尾道では急な坂道を降り、散歩の後にたらふく食べてからそれをまた登り。
一度休憩しないと帰れなかったほどの道でございました。

その疲れをまだ引きずり、だらだらとした散歩ではありましたが、朝の空気は美味しかった。

駅前に立ち寄って尾道の町を後に。

20110522_IMG_4996.jpg

お次は倉敷に向かいまして。
(と一行で書いてしまったけど、やはり嫁さん一人の頑張りです)
ここも久し振りだなぁ。

20110522_IMG_5022.jpg

20110522_IMG_5005.jpg

もそっとゆっくり時間を過ごせるときにまた来ようっと。
美術館にも入りたいし。

20110522_IMG_5019.jpg

むらすずめを買って帰りました。
あれって賞味期限早いし、数日で風味変わってしまうんですね。
できれば翌日中に消費することをお勧めします。

ここから嫁さんにとっては苦痛の帰路。
ありがとう嫁さん。そして次回もよろしく。

レンタカーを返し、駅に着くとこんなポスターが。

20110522_IMG_5032.jpg

じゃあ次回はお遍路の旅でお会いしましょう。
2011.05.22 / Top↑
【5/6 金比羅さん~しまなみ海道~尾道】

金比羅さんから西に向かい、しまなみ海道へ。
「ロケみつ」の西日本横断ブログ旅で早希ちゃんが自転車で通過した道を通ってみたかったのです。
写真ポイントが少ないのですが、全部の橋を撮影できました。

20110509_IMG_4864.jpg

これは道の入り口のSAからの景色。
天気がちと残念です。

しまなみ海道は追い越し車線があまりないのですが、橋の上だけは片道二車線。
もちろん、走行車線でゆっくりと景色を堪能。
しているのは私だけ。嫁さんは運転に全神経を注いでおります。ありがとう嫁さん。

今治から尾道まで1時間弱。
どんどん瀬戸内の島っぽくなっていきまして。

とうとう到着しました尾道。

20110509_IMG_4917.jpg

尾道を一望できる、「千光寺山荘」さんに宿泊しました。
きっとここ、今回の旅のように直前に予約できるところじゃないと思うんです。
旅行を控えている人多いんでしょうね。
でも今年、できるだけここに来たかったのです。

----------

春までやってましたNHKのテレビ小説「てっぱん」。
私、大好きでしてね。
確かに脚本で迷走してたところは数多くあるんですが、でも設定とかキャストは良かったと思うんです。
毎日のオープニング、てっぱんダンスの投稿ビデオが楽しみだったり。
土曜日にかためて見るときは踊りすぎて忙しかった。(踊ってたんかい)

あかりちゃんと実の父親との出会いと別れのときは瞬きもせずに見てました。
あの部分はすごくよかった。
「ひまわり」の演奏のときはもう涙が。
絵描きさんの演技もよかったなぁ。。。

----------

一休みして千光寺山荘から町に降りて晩ご飯まで散策。
通り道に撮影した場所なかったねぇ、って言ってたら、嫁さんが「あそこは撮影場所です」と指差したところが。

20110509_IMG_4934.jpg

ばあちゃんがトランペット投げたところでした~!
潮が引いているのでちょっと印象違いますけど、確かにここでした。

散策してるとき商店街通ったんですけど。
「ひまわり」ずっと流しててうっとうしかった…。
せめてサントラから数曲選んで流してほしい。

それから尾道のお好み焼きを食べに行きまして。
宿の方が推薦してくれた店2軒がなんとお休み。
ぼちぼち歩いてやっと開いているお店に。

感想は、うーん、こんなもんかな。

宿に帰ってお風呂。
ゆったりのんびりできたお宿でした。

20110509_IMG_4938.jpg
2011.05.12 / Top↑
【5/6 高松~金比羅さん】

この日は後から考えると、欲張りすぎました。

まずは瀬戸大橋を眺めに参りまして。

20110509_IMG_4812.jpg

でかいな~。ほんと、こんなものが人間の力で作れるんだなぁ。

そして今度は金比羅さんに向かいます。
しかーし、またまたカーナビの設定で戸惑いまして。
「こんぴらぐう」と言う名称で調べると、西日本にいっぱいあるんですな。
これかな、と思って設定したら堺市の自宅から数キロのところに金比羅さんありました…。なんでやねん。

まぁなんとか参りましたよ金比羅さん!
たどり着く前に日の出製麺所に入りかけてやっぱりやめちゃったとか言うエピソードもありますが。

20110509_IMG_4826.jpg

さー、出発だ。

20110509_IMG_4829.jpg

ピンボケでよく分かりませんが11時25分です。

最初はいいんですよ、お店もいっぱいあるし。
途中から地味な坂道になるんですね。鳥居のあたり。
そっからが大変。
階段のピッチが高くなるし。

20110509_IMG_4837.jpg

最後のお百度参りでなぜか嫁さんとダッシュ合戦。
登り切ったぁ~。
ちょっとかすんでるけどいい景色です。こんなに登ってたのかっ。

20110509_IMG_4839.jpg

そして下り。
これがしんどいんですわ。
自分の意思で止まれないんだもの。

やっとこさで降りてこの時間。

20110509_IMG_4850.jpg

往復一時間半、いいペースだ。
そしてお楽しみのうどん屋へ!
(昨日、高松のSAで食べたけど、嫁さん曰く「はなまるレベルだね」だった)

お土産店でお勧めされた「こんぴらうどん」さんに。

嫁さんはこのお店の名物しょうゆうどん。

20110509_IMG_4852.jpg

私は温玉ぶっかけ。

20110509_IMG_4851.jpg

二人で「美味しい美味しい」としか言わずにものの5分で完食。
大阪の人間でもやっぱりこのうどんのコシにはびっくりですもん。
そして相談の結果、こうなりました。

20110509_IMG_4857.jpg

二人で釜揚げうどん一杯追加w
ほんと美味しかった~~

食べ終わった後に嫁さんが見つけました、うどんタクシー
お客さんを降ろしておるところをこっそり撮影していましたら、
「前から撮りなよ」
と言っていただき。
前でも右側からのほうがいいそうです。エビのしっぽがかっこよく見えるから

20110509_IMG_4859.jpg

ちと長くなりましたのでつづきまする。
2011.05.09 / Top↑
ゴールデンウィーク後半、旅に出ました。
久し振りにレンタカーでの旅。
さぁ、生きて帰れるのか私たちは!?

【5/5 出発~鳴門~高松】
早朝に起床し、奥様の顔のメンテナンスを終えてすぐにレンタカー店に。
新車に近い車を借りましてレッツスタート。(カーナビの操作がわからず手間取ったけど)

堺から阪神高速に乗りまして神戸方面に向かいます。
堺線使うんですね。湾岸線じゃなく。
休日とはいえ、やっぱり朝は車の多い阪神高速。
「あっちに行ってこっちに入って」とナビに忙しい私と、「え?え?」と戸惑ってる嫁さんです。

明石海峡大橋に到着。

20110508_IMG_4708.jpg

何年か前、仕事で毎週この橋を通り淡路島内のお客さんのところに通ってました。
久し振りに見ましたが綺麗な橋だなぁ。

橋を降りたところで最初の休憩。
眺めのいいSAがありました。

20110508_IMG_4721.jpg

さんふらわあ号が見えます。

その後、淡路島を縦断して鳴門まで。

20110508_IMG_4733.jpg

鳴門北インターを降り、大塚国際美術館を通り過ぎて渦潮観光の乗り場に向かいます。
美術館行きたかったんですけどね。
時間がかかるので今回は通過してしまいました。

しかし観光船乗り場に向かう道が通行できません。
GWなのでずっと別方向に行った駐車場からシャトルバスで戻らなければなりませんでした。
せっかく早めに着いたのになぁ。

バスで乗り場に戻り、大人一人1500円を支払って「うずしお汽船」の乗り場に。
嫁さん、上着を置いて来てしまって寒いと言っております。
いくら気温が高くても、海のそばですもんね。

30分に一本のペースで運航されている高速船に乗り、渦潮観光へ。
嫁さんはもちろん、私もはじめて船で見に行きます。
オートバイで鳴門大橋を通過するときに見たことはあるんですが。(20年ほど前かな)

20110508_IMG_4772.jpg

いやぁ、楽しかった!!
大潮に当たるこの時期、でっかい渦潮が何度も生まれては消えていく様。
見に来てよかったなぁ。

20110508_IMG_4768.jpg

目の前で小さな渦潮が次々出来ていくのを眺めていました。

20110508_IMG_4770.jpg

この写真の向こうが瀬戸内海、手前が太平洋です。
潮位の差がこんなにあるから渦潮ができるんですね。

渦潮を堪能し、いよいよ四国のほうに参ります。(渦潮観光はまだ四国の手前の島です)
高松につきましてホテルにチェックイン。
ひと眠りしてから市内観光。
城跡の公園が無料開放されていました。

20110508_IMG_4778.jpg

高松駅のあたりでスーパーに入って「秘密のケンミンSHOW」っぽく観察してみたり。
のんびり散歩しました。
高松いいところですね。街が綺麗だし。

20110508_IMG_4788.jpg

食事は「骨付き鶏」を求めて商店街を探し、とある居酒屋に。
骨付き鶏って高松のことを調べて初めて知りました。

20110508_IMG_4793.jpg

この写真は親鶏ですが、若鶏も一緒に注文して食べ比べました。
親鶏の味の濃さにびっくり。
若鶏は柔らかくて油の味がすごい。
どちらもおススメです。
ビールとハイボールでいただきました。
満腹満腹。

(つづく)
2011.05.08 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。